フォトアルバム

いくつになったの?

フォトアルバム

おかいもの♪

お料理

  • クックパッド

« やっと | メイン | ねこたつ »

2010年10月15日 (金)

落ち着きを取戻した?

心配したモルの性格の変化も

少し幼くなったような気がするくらいで

基本的には、冷静で物静かなレディーのままです。

モルが落ち着き…

 私も落ち着きを取り戻した感じです。

 

 実は、今春、離れて暮らす両親が要支援・要介護認定を受け

「これは支えていかねば」と主人に相談し、

両親を看る覚悟で、仕事を離れました。

 急に子供のようになっていく母  

我が家に身を寄せたり近くへ引っ越すつもりもないと突っ張る持病のある父

遠方なのに通えるだけ通って、できる限りのことを頑張りました。

もうどうしたらいいのかわからない…こんな時はどうしたらいいのか、

調べて地域包括支援センターを知りケアマネージャーの方にSOS。。。

そして、介護認定を受けることになりましたが、

福祉支援を拒絶する父は頑なで、度々衝突もありました。

これからどうなるのかと考え、何度も何度も泣きました。

離職前は、そんな父とのかかわりもあり張りつめていた心身でしたが

離職で緊張の糸が切れたのか体が重くなってしまって…。

整体院に通い、実家へ通い、バタバタと通り過ぎた夏休み。

空いた時間は、両親の病気について調べたり、

家事は手につきませんでした。

本当に辛かった。

頑固な父も私を頼りにしてくれるようになり、

福祉支援や高齢者向けのサービスを取り入れ

両親の状況も少しは安定したような気がします。

秋の介護認定更新では、母の要介護度が上がってしまい

その点は、辛いところですが

何より、少しは状況が安定し、 両親に…特に父に

笑顔が見られるようになって、ほっとしています。

 

お仕事のお話も整い、少しですが働き始めました。

私たちの年代は、親や子供を抱え、大変な年頃ですが

尻込みしないで色んなことにチャレンジしていけたらいいなと思います。

001 お仕事とは関係ないのですが

親戚に頼まれて 毛筆で馬の絵を数パターン描きました。

←これは、採用されたパターン

これが風呂敷や帛紗に染め上げられるそう…

出来上がりが楽しみです。

依頼を下さってありがとうございます。

とても気持ちが晴れました。

 

両親の事もまだまだ続きのあることですが、

気張らず、気負わず、気長に…と思います。

ブログには、楽しい事だけを書こうと思っていたのですが

近所の友人と話した時、その友人も同じような悩みで

辛い思いをしていると知って、お互い気持ちが楽になったので

つい、書いてしまいました。

最後まで読んでくださった方…

ありがとうございます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/417855/25238659

落ち着きを取戻した?を参照しているブログ:

コメント

こんにちわ
 
辛い時間を過ごされてたんですね・・・
私も同居していた祖父と祖母の介護を
合計18年程経験しました
祖父や祖母の頃は介護支援というシステムもなく
父や叔母と交代での介護でした
これが一人での介護だと考えると・・・

子どもの人数が減ってきて
介護できる人が少ないと一人の負担が増える・・・
介護する人も疲れてしまって悪循環ですよね
お父様も介護支援を
徐々に受け入れられてよかったですね
姉が今介護の仕事をしていますが
頼れるところは頼っていかれたらいいと思います
MOLEさんが健康でないと介護もできないですもんね
 
お仕事も復活されたんですね
毛筆での馬の絵、素敵ですshine
ご両親もMOLEさんの笑顔見たいと思いますよ
 
長々と書いてしまってすみませんでした
 

aikoさま

お絵かき、…時間をおいて改めてみると
もっとうまく描けたのにって想っちゃう。
振り返らない方がいいですね。

そうですか18年は長いですね。
実家の祖母の介護は、母のお手伝い程度だったのですが
その当時も支援制度もないし?知らなかったし
知らずにしんどい思いをしないようにいろいろ勉強しています。

仕事!!
主人のいとこに勧められ、今までとは全く違うことをしています。
あたふたするばっかりで・・・sweat01
親もどうなるか分からないし、迷惑かけるかもと
尻込みしていましたが
「いつどうなるか分からへんのは、誰も一緒。
一瞬でも介護や心配事を忘れる時間は必要や」
と叔母(いとこのお母様)に励まされて
頑張ってます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。